令和元年5月1日 山形新聞の「提言」に掲載いただきました。

令和元年5月1日。
記念すべき日に山形新聞の「提言」に掲載いただきました。

YamagataShinbun

 

新しい時代を生き抜くために「人材」は不可欠だと思っています。

テレワーク支援もプログラミング教育も、実は一つの手段でしかありません。全ては「人材の育成」に目的があるのです。

これから、高度文明に向けたハイテク化がますます加速していくでしょう。新天皇が即位し、年号も代わり、過渡期とも言える「今」という時代。

時代のパラダイムが大きく変わろうとしているようにも感じます。

そんな「今」だからこそ、時代を激流を乗りこなし、むしろ、そこから新しいパラダイムを創造できる、クリエイティブかつイノベーティブな人材を育てていく使命が、我々の世代にはあるような気がしてなりません。

きっかけさえ与えてあげれば、子供も大人も自力でどんどん前進していける。それを垣間見ることができた平成という時代。

そして、令和の幕開け。

様々な使命感を持って、ますます楽しく参りたいと思います。

この記事を読んでくださった皆々様にとっても、どうぞ素敵で素晴らしい時代でありますように

皆様のますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。